抜け毛予防に育毛剤

髪は一か月に約1センチほど成長し、一定の期間が過ぎると抜け落ちます。

この周期をヘアサイクルと呼びます。

ホルモンバランスの乱れなどの原因でヘアサイクルが乱れると、抜け毛が増えたり薄くなったりすることになります。

加齢に伴う薄毛を改善することは難しい部分もありますが、育毛剤を使ってマッサージすることで抜け毛を予防することができます。

育毛剤には発毛効果はなく、太く丈夫な髪を育てるという目的のための医薬部外品であることが多いようです。

したがって育毛剤を使ったからと言ってすぐに髪が生える、太くなる、という顕著な効果があるとは言えませんが、気長に使用することで丈夫な髪に育てることは可能です。

育毛剤を使うことのほかに、髪の毛の原料となるたんぱく質を摂ることも大事です。

タンパク質が体内でケラチン(髪を作る成分)に合成されるのを促す栄養素(亜鉛、鉄、ビタミンB6)を取ることも必要です。

また睡眠中に分泌される成長ホルモンは、髪を丈夫に成長させてくれます。

成長ホルモンを多く分泌させるには睡眠のほかに有酸素運動も効果的です。

ストレスやアルコールは成長ホルモンの分泌を低下させますので注意しましょう。

ホルモンバランスが乱れているときは、その働きを改善してくれるサプリメントを取るのも一つの方法です。

食事の栄養素と育毛剤の効能

海藻類を摂取することによって髪の毛が増えるという話がありますが、海藻類には水溶性の食物繊維の他に、多くのミネラル成分が関与しておりこれらの成分が髪の毛を作る時に使われていく事が分かっています。

ただ、髪の毛のメインとなるタンパク質が十分に摂取出来ていないと、健康な髪の毛を作る事は難しいのです。

ただ、タンパク質とは肉類を摂取すれば補給する事が可能になるので、多くの場合タンパク質が足りない食事習慣というのは考えにくいのです。

そして、もう一つのポイントは肉類でタンパク質を摂取する方法と、魚や大豆食品でタンパク質を補給する方法があります。

肉類を多く摂取すると脂分の摂取量が多くなり、血流量流れも滞るようになることから、出来ればその他の製品でタンパク質を摂取する方が育毛効果は高くなるのです。

そして、様様なミネラル成分を補給するためにも牛乳を飲む習慣、そしてキノコ類や海藻類などの摂取量を高めることが大事です。

そして、育毛対策には欠かせない亜鉛を摂取するように心掛けるため貝類の補給も心掛けるのです。

このような食事の中身を改善する考え方と、血行促進を更に高める為の育毛剤を使う育毛対策が求められるのです。

より効果の高い育毛剤と、育毛レシピを毎日試みる事が大事です。

血行促進作用の育毛剤を選ぶケース

頭皮の血流が悪くなると髪の毛を作る毛母細胞に栄養が行き渡らず、薄毛が生じてしまいます。

しかし頭皮の血行がどのような状態なのかを知ることは決して容易ではありません。

それでも目安とすることができるものがいくつかあります。

まず頭皮は皮膚の一部です。

そのため体の他の部分に血行不良がり、尚且つ薄毛が生じている場合は頭皮の血行不良が原因であることがあります。

その他にも低血圧症であったり、貧血気味である場合は頭皮の血行が悪いゆえに薄毛が生じている可能性が高いといえます。

しかしはっきりとした確証がない場合は医師の診断を受けるべきです。

原因が曖昧なまま血行促進作用のある育毛剤を購入し、使用したものの効果がなかったり、頭皮に異常が生じてしまうなどの問題が発生してしまうなら、育毛剤が無駄になってしまうからです。

しかしたいていの育毛剤には血行促進成分が含まれています。

そのため血行促進にとりわけ注意が注がれたものを購入したものの、自分の薄毛の原因が頭皮の血行不良によるものではないというケースに限ってはお金を無駄にしてしまうことになります。

それでも薄毛の原因を特定することは非常に重要ですので、まずはここからスタートするべきです。