育毛剤と選び方

いざ育毛剤を購入しようと思っても、想像以上の数が販売されていることに気が付きます。

数ある育毛剤の中から一つを選びとるのは意外と大変で、最も効果のある育毛剤を見分けるのはさらに大変です。

では、どうやって育毛剤を正しく選べばよいのでしょうか。

まず、育毛剤の値段に惑わされないことです。

やはり値段の高い育毛剤のほうが効果が高いのでは、と思われるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。

大切なのは育毛剤との相性です。

自分の薄毛の原因をしっかりと解決してくれる、予防してくれる育毛剤ならば、値段以上に効果を示してくれるのです。

また、いくつかの育毛剤を比較することも大切です。

育毛剤を比較して初めて、育毛剤にはそれぞれどんな成分が含まれているのかわかるはずです。

その成分ごとに育毛剤の特徴が見えてくるため、より自分と相性の良い育毛剤を見分けやすくなるのです。

育毛剤の良し悪しは、一見すると見分けるのが難しい問題です。

しかし、どれが良い製品か、ということよりも、自分と相性の良い育毛剤はどれか、という視点でチェックすれば、必ず気になる育毛剤は見つかります。

その育毛剤をまず試してみることで、育毛にチャレンジしてみましょう。

育毛剤を使用する時期

男性が年齢を重ねる毎に薄毛になる場合、AGAになる要素としてのホルモンや毛を生やす作用を抑える酵素が多く分泌される事が薄毛の主な原因です。

発毛を抑えるホルモンや酵素は体内などで分泌を継続している事を考えて、薄くなってきた事を感じた時に育毛剤の使用を意識します。

20歳を過ぎた辺りから個人によってはAGAの症状になる事を考えて、自宅にある浴室の鏡で前頭や頭頂の生え際を細かく観察して、毛根の状態を日々確認すると良いです。

加齢と共に毛根の状態が弱まっている事を意識する事が重要で、育毛に有効的な成分が入っている商品を選別して購入します。

育毛剤には基本的に発毛を促す成分が入っていますので、AGAの初期段階で使用しても効果が無いとは限らないです。

鏡を見てからあまり薄毛が進行していない事を確信して育毛剤などによるケアを怠ってしまう事で、ケアの時期を間違ってしまう事に繋がって、慌てて商品を使っても薄毛の進行度が早くなる傾向です。

若年の時は毛根が元気な状態ですので、基本的には髪の毛の脱毛が気になりだした頃から育毛剤によるケアを徹底します。

早期に頭皮のケアを行う事によって、脱毛のスピードが遅くなる事に繋がって、年齢を重ねてからでも太い毛を多く残しやすいです。